審美歯科とは?

歯の形や色をよくしたり、特に美しさに配慮した歯科治療のことです。基礎治療の上に、さらにより自然に美しく健康的に治す治療です。
セラミックをつかったものが主流で、オールセラミック、ラミネートベニアなどさまざまな治療があります。基本的に、見える部分には金属を使わず、歯の色 と同じ白色で修復します。また歯茎の黒ずみをとったり(メラニン除去)、歯を削らずに漂白して白くする(ブリーチング)といった簡単な処置など様々です。
審美・美容歯科治療は特別な治療ではなく、歯科治療でもワンランク上の質の高い治療の一つです。
優・井上歯科クリニックではクレジットカードの利用も可能です。お気軽にお問合せください。

治療症例

ラミネートベニア

オールセラミック

ホワイトニングとオールセラミック

ブリッジとオベードボンディック

オールセラミックとコンポジットレジン充填

変色歯をラミネートベニア

差し歯を除去しオールセラミック

ジルコニアとラミネートベニア

オールセラミック

オールセラミックで白い歯

「虫歯で冠を被せなきゃいけなくなったけど、見た目が悪くなるのは嫌!」
「昔入れていた冠が古くなって見た目が悪いわ・・・」
「歯の変色をなおしたいんだけど。」
保険の冠だとどうしても年月がたつと変色してしまいます。また、内側に金属を使用しているセラミックスだと、金属があるために透明感が再現しにくかった り、歯茎に金属の色が透けてしまい歯茎が黒く見えることがあります。そんな悩みを解決してくれるのがオールセラミックです。オールセラミックは金属を 使用せず陶材のみで作成しています。そのため次のような特徴があります。

上記のような特徴により、より自然な歯が再現出来るのです。また、過度に変色した歯も、歯の表面を少量(約0.7mm)削り薄い陶材(ラミネートベニア)を貼り付けることで、自然な白い歯を手に入れることが出来ます。

治療の前に

完成

術後の状態

セラミックアンレー・ラミネートべニア

治療の前に

治療

セット

完成

術後の状態

セラミックインレー

治療

セット

完成

術後の状態

セラミックはどうしていいの?

種類

資料どり

レントゲン

見た目ではわからない隠れた虫歯を発見。

模型の採取

全体のバランス、形、咬み合わせをみる。

口腔内の写真

術前の状態を撮る

治療を始める前に健康な歯肉へ

PMTC(クリーニング)

・歯周病の原因である、プラーク(バイオフィルム)の除去を行う。
・歯の着色、黄ばみ、くすみの除去。
(正しい色を選択する為には大切) 

プラークコントロールの向上

・健康な歯茎つくりに一番大切なのは歯磨き。苦手な所を克服します。

より美しくする為に

ビヨンド(ホワイトニング)

本来の自分の歯の色に戻して、さらに美しい仕上がり。

マウスピース作成

・セラミックは歯よりも硬く、歯ぎしり・くいしばりで欠ける事を予防する為
・歯ぎしり・くいしばりによる歯周病予防

メインテナンス

・咬み合わせ等問題がおこってないか?チェック。
・プラークコントロールは出来ているか?
・カリエスが出来ていないか。
・マウスピースはあっているか? ・口腔内環境を整える為のPMTCを行
う。

お知らせ

スタッフブログ

スタッフブログ

荒木歯科医院

IMPLANT WALKER